業務内容と給料

看護師の業務とは何でしょうか。いつも疑問に思うことです。
医師の補助・事務作業・カルテ記入・看護ないろいろな業務をこなします。
毎日、何人もの患者の採血をして採血結果に異常があればすぐに報告、それまでに患者さんの観察やケアを行い、入退院の手続きの説明もあるのです。
そんな毎日なので、業務移管をしていくのですがそちらも手一杯ですからできないわけです。患者さんからは頻回にナースコールはきますし、医師のクレームは看護師に文句を言われ、こんな毎日なのに給料は変わらないのです。患者さんのケアをしたいのにそんな時間もなく、日々の業務をこなすだけです。その日々の頑張りを認めてくれるのは、実は給料だったりするんですけど、それも上がることもなく頑張る気力がなくなるんです。給料が上がれば税金や保険が上がるので、結局毎月同じぐらいの給料になります。看護とは関係ない業務内容が多い病院は、給料面を考えなければ、その病院の看護師はいなくなります。看護師がいなくなれば、困るのは患者さんなので、我慢してその職場にいる人も多いと思います。経営者の方は、その辺を考えていただきたいと思います。また、それにいち早く気づかなくてはいけないのは管理職です。業務と給料の見直しを早くすることが一番だと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ