看護師になった友人のこと。

よく世間では看護師になった動機として「人のために尽くしたい」とか「子供の頃お世話になった看護師さんに憧れて」といったようなことを耳にしますが、私の友人の志望動機はずばり「医者と結婚したい」。
知らない人が聞けば、なんということを…と目くじらを立てるような発言ですが、私はなんとなくわかる気がしました。
美人で頭も良かった彼女。
しかし、進学校に通っていたにもかかわらず、家の事情(主に金銭的なこと)で大学進学を諦めた時、彼女の中で何かが変わったのかもしれません。
もちろん看護に興味がまったく無かったわけではないでしょうが、さすがに医師との結婚が目的と真顔で言われた時は仰天しました。
そんなこんなで卒業後に会うことは無かったのですが、風の便りで彼女が成績優秀な看護師になったこと、大きな病院に勤めるようになったことを聞きました。
そしてやはり勤務先でも優秀であったこと、患者さんからの評判も良いと聞いて、やはり看護師は天職だったのだと、遠い空から彼女の活躍を喜んでいました。
そして月日は流れ、彼女は今、医師と結婚して地元を離れています。
夫となる人は開業医と聞きました。
看護師の資格を生かして夫を支える彼女の姿が目に見えるようです。
会うことはもうないですが、私の自慢の友人です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ