スタッフがより快適に働くために

医療とは、日々進化するものであり、使用する機器や薬、技術も日々更新されております。
それに関わる看護師もそれを把握し、適切に使用できるよう技術や知識の習得する必要があり、研修は必須であります。
さまざまな病状の方々と関わりますので、患者様の病状によってはより細心の注意を払って対応とする必要があり、体力的、精神的にも大変な職種であります。
そして日々勉強が必須であり、社会人となっても勉強は継続となります。
さまざまな面でスタッフの負担を軽減しようと病院側も努力し、働きやすい・復職しやすい環境作りを強化して実施しております。
例えば、勤務体制で7:7を導入とし、スタッフ一人につき担当患者7人といった体制をとりいれよりスタッフの負担を軽減としております。
残業も少なくとなるよう、業務がより迅速に進むよう電子カルテを導入としたりと工夫努力しております。
使い捨てではなく、長期雇用を意識し働きやすい環境を念頭に病院側もスタッフに歩み寄る努力をしております。これは、病院側のためでもあることでありこれからもより改善し、より働きやすい環境を提供していかなければなりません。
これは病院の使命であり、任務、義務でもあるのであります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ